2013年10月21日|定住促進を盛り上げる『おおかみこどもの雨と雪』田舎暮らし体験ツアー

大自然の中で、子供の成長とともに、母親の成長の記録ともなっているストーリーが感動的な、細田守監督作品『おおかみこどもの雨と雪』(2012)。このモデル地域となった富山県上市町と立山町で、「上市&立山暮らし体感ツアー」が昨年に引き続き今年も開催されます。

このツアーは、富山県が推進する首都圏からの定住促進計画の一環として企画されており、劇中に登場する風景を巡るだけでなく、農作業体験、地元住民との交流会を通して富山の雄大な大自然と生活を肌で感じることができるという内容です。また、選択制の陶芸体験プログラムやグルメツアーも用意され、濃密な現地の暮らしを経験することができます。

「上市&立山暮らし体感ツアー」は、第1回10月12日から13日、第2回11月2日から3日、第3回11月23日から24日の計3日程、いずれも1泊2日で実施され、募集対象は首都圏などに在住で、富山県での暮らしに関心のある方です。各回20名が募集され、1人15000円の参加費と、富山駅までの交通費が必要となっています。
積極的な地域振興のモデルと言える、興味深い試みです。

上市&立山暮らし体感ツアー

富山県の定住促進策は以下で詳細をご覧いただけます。
くらしたい国、富山

参考記事
アニメ!アニメ!