1月2012

2012年1月12日|地ムービー博 in 茨城

皆さんは「地ムービー」という言葉はご存知ですか?

地酒、地ビール、地鶏など、地域に独特なモノ・コトを表す時に使われる「地」という言葉とムービー(映画)がくっついた言葉です。

映画と地域がセットになった時、これまでご当地映画、地域映画、ふるさと映画という表現が使われてきました。地ムービーに込められた想いは、それら全体を含み、そしてより多様な映画と地域の関わりを表現したい、ということのようです。

「地域で製作に協力した、地元が舞台になっている、あの人がエキストラで出演している、お店でロケがあった、特産品が映っている、スタジオやオープンセットがある」など、新しい映画と地域の楽しみ方を提案する「地ムービー博覧会 in 茨城 http://www.jimovie.co.jp/expo/ibaraki」が2月4日(土)・5日(日)に、茨城県水戸市で開催されます。

情報発信手段が個人化したイマドキは、以前のように「観て」映画を楽しむだけでなく、ファンが作品を「広める」「観せる」「盛り上げる」楽しみ方も増えてきました。

この博覧会も、そのような楽しみ方を味わう良い機会になるのではないでしょうか。