10月2011

2011年10月31日|【沖縄‐カナダ】地域発国際共同製作映画の製作発表

文化庁もこれまでの国内映画の製作支援に加え、新たな支援を開始するなど「国際共同製作」に大きな注目が集まっています。
JFCも参加するAFCNetが主催する「Asia Film Policy Forum」でも、新たに参加したASEAN諸国の映像関係者の皆さんも共同製作に高い関心をお持ちでした。

そうした中、沖縄発、そして沖縄オールロケでカナダと共同製作する映画「カラカラ」の製作発表が明日、行われます。

このタイトルは、沖縄の特産品“泡盛”の酒器に由来します。作品は、移住者とウチナーンチュの心の交流を描くロードムービーで、沖縄文化の魅力を文化的なバックボーンの異なるカナダ人の視点も交えながら世界に発信したいとする意欲的な作品です。

映画は、協賛やプロダクト・プレイスメントの手法などで、いわゆるセールプロモーションのツールとしても位置付けられることも多くなってきましたが、この作品は文化的なプロモーション効果が期待されます。

フィルムコミッションの目的とも非常に親和性の高い作品、今後の展開が楽しみです。経過は、このブログでも発信していきますので、どうぞご期待下さい。

また、その他、各地の地域発映画の情報もお伝えしたいと思います。